その他

【デジタルゴールド】ビットコインは金(ゴールド)の代替品となり得るか

ビットコインは金(ゴールド)の代替品となり得るか

ビットコインはこれまでよくも悪くも世間の耳目を集める存在でした。最近では、さまざまなところから「ビットコインが金(ゴールド)の代替品になるかもしれない」という話が出てきています。

こうした話を耳にして、ビットコインをはじめとした仮想通貨の取引に興味をもつ方も、多いでしょう。

本記事では、金(ゴールド)に価値がある理由を踏まえたうえで、ビットコインが金の代替になり得るかを考察します。同時に、これから仮想通貨の取引を行おうと考えている方に向けて、おすすめの仮想通貨や取引所をいくつか紹介します。

ゴールドバー
金投資は儲かるか ~個人がゴールドを保有するメリットとデメリット~「守りの資産」と言われる金(ゴールド)は、上手に購入/保有することで、リーマンショックのような経済的混乱や個人的な投資の失敗時等に「あな...

なぜ金(ゴールド)には価値があるのか~通貨や株式等との違い

個人が投資を行う際にもっとも安定した投資先といわれるのは、「金(ゴールド)」です。

人が投資として金を保有することには大きな意義があるといわれています。

ここでは、金に価値がある理由や、通貨・株式等との違いについて、押さえておくべき3つのポイントを紹介します。

ゴールドバー

1. 絶対量が決まっている金は価値が大きく変動しない

地球上にある金の絶対量は決まっています。これまでに世界中で採掘されて精錬された金の総量は20万トン弱ほどで、これはオリンピックの水泳競技で用いられる幅50mのプール4杯弱ほどの量です。

プールを4つも埋め尽くすことができると聞くとかなり大量にあるように思われるかもしれません。しかし、これが世界中の金の総量だと考えると、決して多くはないことがおわかりいただけるでしょう。

まだ採掘・精錬されていない金の総量は、地球全体で残り5万トンほどといわれています。

金は、絶対量が決まっていることで価値が担保された投資先であるともいえるでしょう。

絶対量が少ない実物資産である鉱物を、何十億という人々が取り合っているのです。

ゴールドバー
不況に強い金(ゴールド) ~経済危機に備えて金投資を始めよう~2008年のリーマンショックから早くも10年以上が経過しましたが、世界的な経済危機は10年に一度訪れるというジンクスがあります。 ...

2. 実物資産である金は信用リスクがゼロ

金が希少価値の高い(絶対量が少ない)実物資産であることも、投資先として有力である理由のひとつです。

金以外の代表的な資産としては、債券有価証券各国の通貨などがあります。

しかし、これらはいずれも発行する国家や企業の信用によって成り立っているので、常に信用リスクにさらされています。

極端な話ではありますが、国や会社の財政が破たんすると、資産価値が0円になってしまうこともありえるわけです。

金は、どこかの国や企業が発行することにより、価値をもっているものではありません。信用リスクがゼロであるという点が、ほかの資産とは大きく異なるのです。

つまり金は、信用リスクを心配する必要のない現物資産(国や会社の経済状況に左右されない)であるといえます。この唯一無二の特徴故に、金は有事の際の資産の逃避先として選ばれるのです。

投資の観点から見た実物資産と金融資産の違い個人が保有できる資産は、大きく「実物資産」と「金融資産」の2つに分類することができます。 今回はこの2つの資産を投資という観点から...

3. 「有事の金」という考え方の根拠

有事の金」とは戦争や紛争、テロなど治安が著しく悪化した際などに実物資産かつ安全資産である金(ゴールド)の価値が上がる傾向があることを指した言葉です。

債券・有価証券などの資産はたとえその発行元になんの問題もなくとも、経済的・政治的・軍事的などのさまざまな理由で、価値が大きく下落する可能性があります。

そして、資産の価値が変動した理由によっては、自分の資産をほかのどの資産に移すことも賢明な選択肢とはならない場合があります。

その点、金には代替の効かない資産としての存在価値があります。昔から投資の世界では「有事の金」という言葉・考え方が存在するのは、このためです。

ゴールドバー
「有事の金」は現代でも通用するのか「有事の金」とは戦争や紛争、テロなど治安が著しく悪化した際などに実物資産かつ安全資産である金(ゴールド)が買われる傾向があることを指した...

ビットコインとは何か

特定の国家や企業に依存していない無国籍の資産であるということが金の大きな特徴です。

そして、最近何かと話題にのぼるビットコインも、無国籍の資産であるといえます。

以下では、ビットコインとは何かについて3つのポイントに分けて解説します。

また、ビットコインが金の代替になるかについても考えていきますので、ぜひ参考にしてください。

1. ビットコインは仮想通貨(暗号資産)の一種

ビットコインとは仮想通貨(暗号資産)の一種で、世界で初めて生まれた仮想通貨ともいわれています。

仮想通貨は「仮想」「通貨」という言葉で表されるとおり、物理的な実体を持たずにデータ上でやり取りが行われ、円やドルといった通貨のように商品を購入したりサービスを利用したりする際に利用することができます。

2. ビットコインの安全性と透明性

電子的なデータを通貨たらしめるには、データの安全性や透明性が必要不可欠です。仮想通貨は「公開鍵暗号方式」や「ブロックチェーン」といった技術でこれを可能にしています。

この仕組みを知っておけば、仮想通貨を安心して取引できるでしょう。それぞれについて細かい原理などは説明しませんが、概要に触れておきます。

公開鍵暗号方式

公開鍵暗号方式では「公開鍵」と「秘密鍵」というペアの鍵が発行され、公開鍵は秘密鍵から生成できます。しかし、秘密鍵を公開鍵から生成することはできません。

仮想通貨を送金する際には、宛先となる「アドレス」が公開鍵を利用して生成されます。しかし、取引を実行するための署名には、所有者しか利用できない秘密鍵が用いられます。

これにより、取引における第三者によるなりすましを防ぐことが可能になるのです。

ブロックチェーン

ブロックチェーンは仮想通貨の取引を記録するための技術で、「改ざんが非常に困難」「取引の記録を消すことができない」「システムダウンが起きない」といった特徴を有しています。

電子データにありがちなデータの破損や変質が起きることは考えにくいです。また、システムエラーのせいで取引ができなくなってしまうということもほぼないでしょう。
こうした技術によって、仮想通貨の安全性や透明性は保証されています。

3. ビットコインの価値の推移

ビットコインは、2009年に誕生した当初こそ1円以下(1BTC=1円以下)の価値しかありませんでした。

しかし、取引やニュースなどによって少しずつ注目され始めるようになり、2011年には1,000円台、2013年には1万円台、10万円台と一気にその価格が上昇していきます。

2014年に仮想通貨取引所のMt.Goxがハッキング被害を受けたことにより、ビットコインの価値は一時的に1万円台まで下落しますが、その後少し盛り返し、しばらくの間は3~4万円付近で停滞します。

その後もビットコインが正式な決済手段として認められたり、アメリカの先物取引所がビットコインの先物取引を開始したり、多くのSNSサービスが仮想通貨に関する広告の掲載を禁止したりといった外部要因によって、ビットコインの価格は乱高下を繰り返します。

全体としては、ビットコインの価格は上昇傾向です。2021年2月現在でビットコインの価格は500万円(1BTC=500万円以上)を超えています。

もし1BTC=1円だったころに1万円分のビットコインを購入していたら、今頃はそれは500 億円以上の価値を持っていたことになります。

ビットコインは金(ゴールド)の代替品となるかもしれない

ビットコインは「無国籍である」「技術的な背景による資産としての安定性がある」といった特性から、資産運用の面で金の代替品となりえる可能性を秘めています。

もちろん、これまで唯一無二の安定資産として君臨し続けた金と近年生まれたばかりのビットコインが、いきなり肩を並べられるわけではありません。

第一に、金とビットコインには、ビットコインの価格が大幅に上昇している現在においても、時価総額に大きな違いがあります。

次に、ビットコインのボラティリティ(資産価格の変動の激しさ)が依然として大きいことも理由です。金と同程度のボラティリティを有するようにならなければ、金の代替品としての役割は果たせません。

ビットコインが金の代替品となるというシナリオが現実のものになるとしても、それはまだしばらく先のことといえるでしょう。
また、ビットコインの時価総額が金の時価総額に近いものになるためには、ビットコインの価格が今後しばらく上がり続けなければなりません。

ビットコインが金の代替品になると信じ、投資対象として選ぶのであれば、今が一番よい買い時といえるかもしれません。

おすすめの仮想通貨の選び方と買い方

ここまでは仮想通貨の代表的な存在として、ビットコインを中心に説明してきました。
ただ、実際の通貨にはドル・円・ユーロといろいろな種類があるように、仮想通貨にもビットコインをはじめとしたさまざまな種類があります。

現在のところ、金の代替となれるほどの可能性を秘めているのはビットコインだけかもしれませんが、投資対象としておすすめな仮想通貨はビットコインだけではありません。

そこで以下では、ビットコインも含めたおすすめの仮想通貨の選び方や買い方について、説明します。

おすすめの仮想通貨

当たり前ですが、仮想通貨はビットコインだけではありません。
おすすめの仮想通貨は、主に以下の3つです。

● ビットコイン
● イーサリアム
● その他

ここでは、それぞれの仮想通貨の特徴を紹介します。それぞれの概要にも簡単に触れていきますので、ぜひ参考にしてください。

ビットコイン

ビットコインは金(ゴールド)の代替品となり得るか

ビットコインには、「中央の管理者がいない」という非常に大きな特徴があります。
中央の管理者とは日本円で言えば日本銀行、ドルでいえばFRB(連邦準備制度理事会)、ユーロで言えば欧州中央銀行に当たる存在です。

このような通貨においては、取引の際に管理者の影響が多少なりとも生じます。

その点、ビットコインは管理者の影響なしに、ピアツーピア(コンピューター間)で直接取引を行うことが可能です。

また、上述したような通貨は中央管理者によって発行枚数がコントロールされているので、国家経済の都合によって発行枚数が大きく変動してインフレが起きてしまう可能性も考えられます。

一方のビットコインでは発行枚数が2,100万枚と決められているため、流通量が多すぎてインフレを起こしてしまうような心配はありません。

ビットコインは世界で最初に誕生した仮想通貨であり、後述するイーサリアムやそのほかの仮想通貨はすべて、ビットコインの技術をもとにして作られています。

イーサリアム

イーサリアムは仮想通貨としてだけではなく、パソコンやスマートフォンのOSのような働きも想定されています。

イーサリアムではブロックチェーンの中に、仮想通貨の基本的な取引情報に加えて、さまざまなアプリケーショプログラムを記録したり実行したりすることができます。

この仕組みのことをスマートコントラクトと呼びます。スマートコントラクトのおかげでイーサリアムは、仮想通貨を主軸にして活用した新しいインフラともいえる存在になっています。

このように開発プラットフォームを中心にしているという点が、イーサリアムがビットコインをはじめとしたほかの多くの仮想通貨と一線を画すものであるといえる、大きな理由です。

また、イーサリアムはビットコインと違ってあらかじめ発行枚数が決められているわけではなく、今後も安定して供給されることが予想されています。

時価総額もビットコインに次いで2位につけているため、これまで仮想通貨への投資を行ったことがないという初心者の方は、ビットコインかイーサリアムのどちらかを選んで投資を始めるのがおすすめです。

その他

ビットコインとイーサリアム以外に有力な仮想通貨の候補としては、まずはリップルが挙げられます。

リップルは2021年2月現在で、世界第7位という高い時価総額を誇っています。
ビットコインとは異なり、「Ripple Inc」という会社によって通貨の管理・運営が行われている「中央集権型」の仮想通貨ですが、既存の金融システムの代替となるには中央集権型の仮想通貨のほうが望ましいとされています。

また、今現在まだ発行している最中であるビットコインやイーサリアムとは異なり、リップルは総発行可能枚数の1,000億枚をすでに発行済みです。

取引にかかる時間が他の仮想通貨と比べて段違いに早いため、複数の銀行を経由するため取引に時間がかかることの多い、国際送金に用いる手段に適していると考えられています。

もうひとつの有力な仮想通貨の候補はポルカドットで、2021年2月現在で世界第6位の時価総額を誇ります。

ポルカドットは異なるブロックチェーンの相互運用が可能なのが大きな特徴で、ポルカドットのチェーンだけでなく、ビットコインやイーサリアムといったほかの仮想通貨のチェーンを相互に接続することができます。

以前はビットコインなどの資産を交換するためには、集中型の取引所を利用しなければなりませんでした。しかし、ポルカドットの技術を利用すれば、仮想通貨同士をピアツーピアで取引することが可能になります。

処理能力が高くセキュリティが優れていることも、安心して取引を行ううえで非常に重要なポイントです。

今後さらなる時価総額の上昇が期待できる仮想通貨といえるでしょう。

おすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、世界中に存在する仮想通貨の取引所で購入することができます。

ただ、当然ながら、海外の取引所を利用する場合はその国の言語で取引をしなければなりません。また、場合によってはその国に在住していなければ取引できない可能性もあります。
そのため、初めて仮想通貨を購入するような初心者の方は、日本国内にある仮想通貨の取引所を利用するのが安心です。

以下では国内のおすすめの仮想通貨取引所として、「コインチェック」「ビットフライヤー」「DMMビットコイン」の3つを紹介します。
それぞれを比較し、自分にとって適した取引所がどこか見極めてください。

初心者におすすめの “コインチェック

コインチェック
コインチェックはコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所で、国内でも最多の仮想通貨を取り扱っています。

ネムやモナコインといった、ほかの取引所では取り扱っていない仮想通貨を購入することも可能です。

UIやUXが非常にわかりやすいのも大きなメリットのひとつです。仮想通貨の取引にまだ慣れていない投資家の方にとって、わかりやすいUI・UXはコインチェックを選ぶ動機のひとつになりえるでしょう。

仮想通貨貸し出しの金利として仮想通貨をもらうことができたり、電気やガスの支払いでビットコインがもらえたりといった、ユニークな取り組みも行っています。

現時点ではまだ価格が乱高下しやすいことが、仮想通貨への投資を考える際のネックのひとつです。
コインチェックではドルコスト平均法を活用した積立機能が利用できるので、多少なりとも対処できるでしょう。

ただし、コインチェックでは、FXなどでおなじみのレバレッジ取引を行うことができません。仮想通貨においてレバレッジ取引を行いたい場合は、ほかの取引所を選ぶ必要があるのです。

また、ビットコインとファクトム以外の仮想通貨は取引所(利用者同士の取引の場)で購入できずに、販売所(仮想通貨を正式に販売している店から購入する場)でしか購入できません。その分、高めの手数料が必要になるということにも、注意しておく必要があります。

コインチェックの無料の口座開設は↓↓をクリック!
コインチェック

日本最大級の取引所 “ビットフライヤー

ビットフライヤーは株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所で、コインチェックほどではありませんが数多くの仮想通貨を取り扱っています。

ビットフライヤーでは最大4倍のレバレッジ取引を行うことが可能なので、レバレッジ取引を行いたい方にとってはコインチェックよりもおすすめといえるでしょう。

SMBCベンチャーキャピタル・みずほフィナンシャルグループ・三菱UFJキャピタルなどの国内主要メガバンクグループから出資を受けているため、安心して取引を行えるのも大きな魅力です。

ビットフライヤー経由でネットショッピングやふるさと納税などを行うこともできます。取引を行うたびに取引金額の一定割合のビットコインを付与されるサービスを利用すれば、知らず知らずのうちにビットコインが貯まっていきます。

また、Tポイント100ポイントを85円相当のビットコインと交換することもできるので、Tポイントの使い道に悩んでいる方は交換を検討するとよいでしょう。

ただ、出金手数料の設定が、三井住友銀行以外の場合は3万円未満の出金で550円、3万円以上の出金で770円と少し高めになっていることには、注意が必要です。

三井住友銀行の場合だと3万円未満の出金で220円、3万円以上の出金で440円と少し低めの設定ですが、それでも決して手数料が安いというわけではありません。頻繁に出金をするような使い方は控えたほうが賢明です。

また、イーサリアムとビットコインキャッシュ以外の仮想通貨は取引所で購入できません。販売所でしか購入できないという点も、ネックとなり得るでしょう。

ビットフライヤーの公式ホームページは↓↓
bitFlyer(ビットフライヤー)- 暗号資産(仮想通貨)の購入/販売所/取引所

レバレッジ取引をするならここ “DMMビットコイン

DMMビットコインは株式会社DMM.comのグループ会社であるDMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所です。

取り扱い通貨は販売所とレバレッジ取引所で異なります。販売所での取引があるのはビットコイン・イーサリアム・リップルの3種類のみですが、レバレッジ取引所ではビットコインを筆頭に11種類もの仮想通貨を取り扱っています。

現物取引よりもレバレッジ取引のほうが盛んに行われている印象なので、FXの経験があるなどで仮想通貨もレバレッジ取引で取引を行いたい方にとっては、おすすめの取引所といえるでしょう。
使いやすくわかりやすいUIが特徴的で、株式などで投資経験のある方であれば初めてDMMビットコインを利用する場合でも、感覚的に使い方が理解できるかもしれません。

また、利用するなかで追証を入れなければならなくなる可能性がないというのも、利用者にとっては大きなメリットといえます。
ただし、証拠金維持率のラインが高いということは念頭に置いておく必要があります。

なお、実際にDMMビットコインで取引を行う場合、スプレッドの広さが少し気になるかもしれません。

DMMビットコインではほかの取引所と比べるとスプレッドが広めだといわれています。
スプレッドは取引コストに直結するものなので、あまり広すぎると利用を控えてしまう要因になるかもしれません。

ただ、実際に計算してみると極端に広いというケースはあまりないでしょう。多くの仮想通貨でレバレッジ取引を行うことができるなどのメリットと天秤にかけたうえで、利用するかどうかを検討してください。

DMMビットコインの公式ホームページは↓↓
暗号資産(仮想通貨)(ビットコイン)取引 – 【DMMビットコイン】暗号資産(仮想通貨)を始めるならDMM Bitcoin

まとめ

ビットコインがデジタルゴールドと呼ばれる日は、そう遠くない未来にきっと訪れることでしょう。

ビットコインはその特性から、金の代わりになり得る可能性が十分あります。
ただし、時価総額やボラティリティといった観点から、今すぐにそういったことが起こるとは考えにくいです。

もちろん、金の代替品になるかならないかに関わらず、ビットコインが優秀な投資商品であることには間違いありません。

また、仮想通貨はビットコイン以外にも、イーサリアムやリップルなどのさまざまな種類があり、それぞれ異なった特徴を有しています。

日本国内にも、仮想通貨の取引が行える取引所はたくさんあります。
取り扱っている仮想通貨の種類や、レバレッジ取引の可否などをもとにして取引所を比較検討することが大切です。

仮想通貨の取引は、もっとも自分に合っていると感じる取引所を選びましょう。

コラム一覧に戻る
HOMEに戻る