金・銀・プラチナ

純金積立のメリットとデメリット ~コツコツと安全資産を蓄える投資~

「守りの資産」と言われる金(ゴールド)は、上手に購入/保有することで、リーマンショックのような経済的混乱や個人的な投資の失敗時等に「あなたの財産を守る資産」として大きな力を発揮します。

そんな金(ゴールド)を個人が所有する手段の一つに、純金積立というものがあります。

今回は、数ある金投資の中でも最もローリスクであり、初心者から玄人まで万人にお勧めできる純金積立のメリットとデメリットを紹介します。

純金・純銀・プラチナ積立の始め方
~お勧めの証券会社と選び方のポイント~
金(ゴールド)、銀(シルバー)、プラチナ等の貴金属を個人で所有するには、金貨などのコインの他に「積立投資」という選択肢もあります。 ...
ゴールドバー
金投資は儲かるか ~個人がゴールドを保有するメリットとデメリット~「守りの資産」と言われる金(ゴールド)は、上手に購入/保有することで、リーマンショックのような経済的混乱や個人的な投資の失敗時等に「あな...
投資の判断に自信がない方へ!

CRAZY MONEYでは、年収500万円以上の会社員限定投資のアドバイス全て無料で実施します!

・資産運用のアドバイスや相談
・家計の見直し相談
・年収500万円以上の節税術
・iDeCo、積立NISAなどのわかりやすい
解説

TV取材殺到!
年間10000人以上が来場するこの超人気セミナーは、東京・名古屋・大阪の会場で1年を通して開催されています。

詳しくは↓↓をクリックして下さい。

純金積立とは

純金積立とは、毎月一定の金額を積み立てて少しずつ金(ゴールド)を購入していく手法のことをいいます。

毎月いくらとご自身が定めた金額で、「純金を積立預金していく」というイメージですが、基本的に金現物が手元に来ることはありません。会社が適切に保管(購入履歴のデータ保存)をしておいてくれるため、保管する手間が不要というメリットがあります

会社にもよりますが、多くの場合指定した金額になるよう毎日買付を行います。例えば毎月3000円分積み立てるよう指定した場合は、1ヵ月が30日であれば毎日100円分の金をその日の値段で購入していきます。

このように毎日一定金額分購入していく手法はドルコスト平均法と呼ばれ、長期間に渡って投資を続けることで購入単価を低く抑えられるというメリットがあります。

このドルコスト平均法はあらゆる投資で使われる手法ですが、今後、長い目で見れば価値が増大していくとされる金相場では特にメリットが大きいものです。

純金積立は投資の素人であっても、「守りの資産」である金(ゴールド)を安く購入し、確実に資産を築くために有力な手段であると言えます。

ゴールドバー
金現物と純金積立と金ETF ~3種類の金投資比較~「守りの資産」と言われる金(ゴールド)は、上手に購入/保有することで、リーマンショックのような経済的混乱や個人的な投資の失敗時等に「あな...

金投資のメリットとデメリット

純金積立は「金(ゴールド)」を積み立てる投資です。個人が金を保有することには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

金投資のメリット

金投資のメリットは、大きく3つあります。

金投資の3つのメリット

・実物資産であり、絶対に価値が無くならない
・美しい貴金属であり、現物保有として魅力がある
・税制面で優遇されている

絶対に価値がなくならない安全資産

「守りの資産」とも呼ばれる金(ゴールド)は、どちらかというと積極的に利益を狙う資産運用ではなく、「資産防衛力」を持つものとしてご理解いただくのがベストでしょう。

金(ゴールド)は株や通貨などとは違う“現物として存在する鉱物”であり“資源”です。その埋蔵量には限りがあり、希少性が高く、世界中で共通の“価値”を持っています。

世界情勢の変化やハイパーインフレーション、株安や紛争、テロなどが起こると株式や日本円などの通貨はその価値を大きく落とす可能性があり、最悪の場合は紙くずにもなり得ます。

しかし金(ゴールド)は絶対に無価値になることはなく、むしろ上記のような際には価値が向上する究極の“安全資産”なのです。

金投資の特殊な税制と特別控除

金投資にかかる税金は、株やFX等とは大きく異なります。

1.購入時に消費税を支払い、売却時は消費税を受け取れる
2.譲渡所得扱いであり、50万円以下の利益は納税不要
3.長期保有(5年以上)するとさらに減税される

特に重要なのは「50万円以下の利益は納税不要」と「5年以上保有すると有利」の2点でしょう。いかに金投資が税制面で優遇されているかが分かると思います。

より詳細な税金の説明や具体例などは以下の記事を参考にして下さい。

金・銀・プラチナ投資にかかる税金 ~特殊な税制と特別控除~経済的環境が不安定なときに強い金をはじめとする各種貴金属ですが、これらは立派な「財産(動産)」です。つまり、売却時など利益が発生するタイ...

金投資のデメリット

金投資のデメリットは大きく2つあります。

金投資の2つのデメリット

・インカムゲインが無い
・現物保有の場合、紛失や盗難の可能性がある

※インカムゲイン:保有資産から継続的に得る収益 = 銀行貯金の利息や家賃収入、株の配当金など

金を保有していてもインカムゲインを得ることはできません。

金(ゴールド)の価格変動に合わせて、よいタイミングを見極め、売却することで利益を得る(キャピタルゲイン)ことはできますが、株式やFX等と比較すると価格変動が少なく、不向きです。

しかし長期的には金(ゴールド)の価格は上昇していくと言われています。キャピタルゲインを狙うのであれば、その他の投資のリスクヘッジを兼ねて、長期保有することをお勧めします。

ゴールドバー
金投資は儲かるか ~個人がゴールドを保有するメリットとデメリット~「守りの資産」と言われる金(ゴールド)は、上手に購入/保有することで、リーマンショックのような経済的混乱や個人的な投資の失敗時等に「あな...

純金積立のメリットとデメリット

純金積立は、文字通り金(ゴールド)の「積立投資」です。ここでは純金積立投資のメリットとデメリットを紹介します。

純金積立の5つのメリット

純金積立のメリットは以下の5つがあります。

1.小額から投資できる
2.相場の確認の必要がなく、放置できる
3.購入コストを抑えられる(ドルコスト平均法)
4.保管の手間やコストがかからない
5.素人でも失敗しにくい

1.少額から投資できる

業者にもよりますが、毎月1,000円単位からの小額投資が可能で、お小遣いを貯金していく感覚で行うことができます。

これが例えば金現物(金塊/金の延べ棒)を購入するとなると、500gから1kgで購入することが一般的なので、一度の取引で数百万円という資金が必要となります。

もっと小さいサイズで購入することもできますが、その場合スモールバーチャージと呼ばれる加工費用が発生して割高になってしまいます。

金貨であれば、1枚1万円~10万円台で購入できますが、純金積立と比べるとやはりまとまった資金が必要となります。

2.相場の確認の必要がなく、放置できる

業者が自動で買い付けを行うため、金相場を確認する必要がありません。

初めに口座開設と購入金額・引き落とし口座の指定を行えば、あとは時々買付量を確認するくらいでしょう。

3.安定した収益を得やすい(ドルコスト平均法)

指定した金額になるように毎日少額ずつ買付を行う手法をドルコスト平均法と言います。

例えば毎月3000円分積み立てるよう指定した場合は、1ヵ月が30日であれば毎日100円分の金をその日の値段で購入していきます。

つまり、金の価格が高い日は少ない量を、価格が安い日は多い量を購入することになるため、購入価格が平均化され、素人がやりがちな「高値掴み」の心配がありません。

金の価格は絶えず変動しています。当然価格が安い時に買いたいですが、初心者にはもちろん、プロであっても完全な価格予想などできません。

ドルコスト平均法はリスクを抑え、時間をかけ、安定した収益を得たい場合に最適な手法となります。

4.保管の手間やコストがかからない

地金を購入して保管する場合、盗難・紛失のリスクがあります。銀行の貸金庫などに保管することもできますが、この場合は利用料がかかります。

しかし純金積立で購入した金は業者が適切に保管(購入履歴のデータ保存)をしておいてくれるため、保管する手間やコストがかかりません。

5.素人でも失敗しにくい

ドルコスト平均法による買付を自動で行ってくれるため、投資家の感情が入る余地がありません。

さらに自動で時間分散することにもなり、まさに「失敗しない」ための投資手法になります。

純金積立の3つのデメリット

純金積立のデメリットは以下の3つがあります。

1.短期間で利益を出すことは難しい(短期投資に向かない)
2.最大利益を狙うことはできない
3.下落し続ける相場に弱い

1.短期間で利益を出すことは難しい(短期投資に向かない)

基本的に毎日少額ずつ投資を行うため、積立開始直後に大きく相場が動いたとしても影響は少なくなります。

短期間で大きな利益を狙うのであれば、積立投資は不向きです。

2.最大利益を狙うことはできない

上がり続ける相場でドルコスト平均法を行うと平均購入単価がかえって高くなり、収益を減少させてしまいます。(上がり続ける相場であれば、最初にまとめて買うことで最大利益が得られる)

ただし、これには相場を正確に読む必要があり、プロであっても容易ではありません。

ドルコスト平均法は相場を見ずに、素人でも安定した収益を得るための手段です。

3.下落し続ける相場に弱い

ドルコスト平均法で金を購入するとき、金の価格が一時的に下がるとより多く購入できるため、最終的に得られる利益が増えて有利です。

しかし長期的に価格が下落し続けると損失が発生します。

その後再び上昇すれば大きな利益が得られますが、最終的に金価格がどのようになるかは想定しておく必要があります。

一般的には、金(ゴールド)の価格は一時的な上下はあったとしても、中国やインドなどの発展途上国が成長していくにつれて、長期的には上昇していくと考えられています。

ゴールドバー
「純金積立は儲からない」は本当か ~金に投資する意味~「純金積立」というキーワードで検索すると、「失敗した」「儲からない」「やめとけ」等のネガティブな言葉が散見されます。 「純金積立は...

おすすめの純金積立会社は

取り扱っている貴金属やその保管方法。コストやサイトの使い勝手などを総合的に考慮し、おすすめできる会社を紹介します。

ただし、サイトの使い勝手などは人によって評価が変わります。年会費無料の会社を複数口座開設し、実際に操作してみてから判断することも可能です。(口座を開設しても購入金額を指定しない限り手数料は発生しない)

純金積立の証券会社の選び方はこちら

1.最も手数料が安く、総合力が高い楽天証券

※19年6月に手数料が2.7%⇒1.62%に引き下げられ、楽天証券が最もお勧めできる証券会社になりました。

1か月の積み立て金額が10000円程度かそれ以下であれば、トータルコストが安くてサイトの使い勝手の評価も高く、サポート体制も充実している楽天証券をお勧めします。

積立金額が10000円を超える場合も、迷ったら楽天証券を選択しておけば間違いはありません。

さらに、もしあなたが楽天カードや楽天市場を利用している楽天ユーザーならば、より強く楽天証券をお勧めします。貴金属を積立ながら楽天ポイントを入手しましょう。

楽天証券の無料の口座開設・資料請求はこちら↓↓

2.SBI証券・マネックス証券

SBI証券とマネックス証券、そして楽天証券のネット証券3社の純金積立は、その使い易さやサポート体制においてどれも優れており、証券会社毎の差は大きくありません。

よって、本サイトでは手数料が安い楽天証券を最もお勧めします。

もちろんSBI証券やマネックス主権ならではの特徴に魅力を感じるのであれば、そちらを選んでも何も問題はありません。

<SBI証券の特徴>
・ネット証券最大手の安心感
・積立てた貴金属の保管方法が特定保管

SBI証券の無料の口座開設・資料請求はこちら↓↓SBI証券[旧イー・トレード証券]

SBI証券はネクシーズ・トレードを経由して口座開設すると、口座開設から取引開始まで電話でのサポートを受けることができます↓↓

<マネックス証券の特徴>
・積立てた金を100g単位で郵送してくれるサービス有り

マネックス証券の無料の口座開設・資料請求はこちら↓↓マネックス・ゴールド

3.手数料無料のKOYO証券・岡藤商事

1か月間の積立金額が大きい場合は「年会費ありだが手数料無料」であるKOYO証券や岡藤商事が最も低コストとなります。

ただし、KOYO証券の取り扱いは金のみであり、岡藤商事も金とプラチナだけとなっています。また、岡藤商事はネットでの注文に対応していないという特徴もあります。

それらが気にならないのであれば、KOYO証券や岡藤商事が最もお勧めとなります。

・KOYO証券(年会費1,500円、手数料無料、積立は金のみ対象)

・岡藤商事 タートルプラン(年会費2,160円、手数料無料、積立は金とプラチナが対象)

まとめ

純金積立は長い期間をかけて少しずつ安全資産を蓄えていくタイプの投資です。

純金積立に向いている人

・ローリスクで着実に安全資産を蓄えたい人
・株やFX等のハイリスク投資のリスクヘッジとして保有したい人
・面倒な価格チェックや分析を行わず、放置しておきたい人

損失が発生する可能性についても、安全資産である金(ゴールド)をドルコスト平均法にて購入していくので、

・巨大な金脈が発見され、金価格が暴落する
・錬金術が完成し、金を人工的に生成できるようになる

等のことが起こらない限り、大きな損失が出る可能性は低いと言えます。

近年はネット銀行やネット証券の参入が相次ぎ、手数料は下がっていく傾向にあり、年会費も無料であることが普通になりつつあります。

戦争や紛争、リーマンショックのような経済的混乱への備えとして、
もしくは個人的なハイリスク投資のリスクヘッジとして、
あるいは今後の日本経済の衰退を見越して

ぜひ、安全資産である金(ゴールド)を計画的に蓄えていく純金積立を初めてみて下さい。

純金積立の証券会社の選び方・お勧めの証券会社はこちら

ゴールドバー
特定保管と消費寄託の違い ~純金積立における金の保管方法~純金積立で購入した金(ゴールド)は、基本的に運営会社が預かり保管します。その保管方法は大きく2通りあり、運営会社によって異なります。 ...

金投資ならば「金貨」もお勧め

安全資産である金(ゴールド)を保有するには「金貨」を購入するという手段もあります。

金貨の良いところ

・高価な金を比較的安価な値段(サイズ)でコツコツ買い集められる
・美しい貴金属を手元に置いておけるため、所有感がある
・さまざまなデザインがあり、コレクションとしても最適
・Amazonや楽天市場でも購入できる(※注意

ただ単に「お金を業者に預け、画面上のデータで “価値” を確認する」という純金積立とは違い、「金(ゴールド)という現物を手元に置いておける」「好みの金貨をコレクションする」という、目に見える良さがある点が金貨の大きな魅力です。

2020年ウィーン金貨表面
金貨・銀貨の買い方 ~お勧めの店舗・購入方法を紹介します~ 究極の「守りの資産」と言われる金(ゴールド)。それを金貨として所有される方が増えています。 ...
2020年メイプルリーフ金貨裏面
地金型金貨の種類とデザイン一覧世界各国の造幣局から発行されている地金型金貨を紹介します。 地金型金貨を保有することはコレクションとしてだけでなく投資としても非常...

コラム一覧に戻る
HOMEに戻る