カワセミ(クッカバラ)銀貨(オーストラリア)

名称:カワセミ銀貨(Kookaburra Silver Coin)
発行元:オーストラリア・パース造幣局(Australian Perth Mint)
重量:1トロイオンス(直径:40.6mm、厚さ:2.98mm)
純度:99.9%(純銀)
表面裏面
2020年カワセミ銀貨表面2020年カワセミ銀貨裏面
表面にレリーフされているのはイギリス連邦の女王であるエリザベスⅡ世。
カナダを含む16ヵ国の主権国家の君主として、多くの金貨・銀貨に登場します。
このおばさんは誰?はこちら
2020年はクッカバラ銀貨発行30周年を記念した特別なデザインとなっています。
裏面にはワライカワセミが描かれています。
ワライカワセミはオーストラリアに生息する鳥で、カワセミ科の中では最大の大きさを誇ります。
“ワライ”という名称の由来は、縄張りを主張するためにさえずるその鳴き声が、人間の笑い声に似ているからという理由からきているそうです。
2020年ウィーン金貨表面
金貨・銀貨の買い方 ~お勧めの店舗・購入方法を紹介します~ 究極の「守りの資産」と言われる金(ゴールド)。それを金貨として所有される方が増えています。 ...

カワセミ銀貨(クッカバラ銀貨)はオーストラリア・パース造幣局が発行する純度99.9%(純銀)の地金型銀貨(投資用銀貨)です。

1990年以降毎年発行されており、その品位と重量はオーストラリア政府によって保証されています。

裏面のカワセミのデザインはカンガルー金貨・銀貨のように毎年変更されるため、地金型銀貨でありながら収集型銀貨のような一面を併せ持っています。

銀貨は金貨と違い1トロイオンスでも2千円台から購入できるため銀貨収集を趣味とする人は数多く、毎年デザインが変わるカワセミ銀貨は大変な人気があります。

地金型金貨と収集型金貨の違いはこちら

金貨・銀貨を購入してもあなたの資産は減らない

金貨や銀貨の購入は、決して安い買い物ではありません。しかし購入してあなたの資金は減っても資産が減る訳ではありません。

金貨や銀貨を購入するということは、あなたが保有している資産の一部を「日本円」⇒「貴金属」に変更するということ、すなわち「投資」です。

その後、金や銀の価格変動により資産の増減は起こり得ますが、購入そのものによるマイナスは無いのです(手数料・送料等は除く)。

そしてもし日本円が必要になったら売却しましょう。金貨や銀貨はキズを付けない限り、中古だから安くなるということはありません。その時の価格で売却できます。

≪ブリタニア銀貨銀貨紹介に戻るパンダ銀貨≫
2020年ブリタニア銀貨裏面プラチナ紹介≫

≪金貨紹介

HOMEに戻る

2020年パンダ銀貨表面